第104回薬剤師国家試験

第104回薬剤師国家試験 問345

第104回薬剤師国家試験 問345

75歳男性。骨粗しょう症と脂質異常症の既往があり、アレンドロン酸錠35 mgとロスバスタチン錠2.5 mgを服用中であった。半年前から残尿感の自覚と尿勢の低下を認めていた。検診で、前立腺特異抗原(PSA)が37.18 ng/mLであった。 精密検査の結果、前立腺がんの診断を受け、ホルモン療法が開始された。

主に初回投与初期に出現する副作用はどれか。1つ選べ

1 ほてり
2 LDL コレステロール値の上昇
3 血栓塞栓症
4 骨密度の低下
5 うつ状態

 

 

 

 

解答・解説

解答
1


解説
本剤は、ゴナドトロピン放出ホルモン(Gn−RH)製剤であり、脳下垂体前葉に作用し卵巣刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)の放出を促進することで、テストステロン及びエストロゲンの分泌を促進する。本剤を単回投与した場合には、テストステロン及びエストロゲンの分泌は促進されるが、頻回投与した場合には、Gn−RH受容体が減少する(down regulation of recepter)ため、テストステロン及びエストロゲンの分泌は抑制される。
本剤の投与初期では、エストロゲン、テストステロンの濃度が増大するため、ほてりなどの症状が現れやすいとされている。また、本剤を長期間投与することによりエストロゲン濃度の低下に伴い、LDL−コレステロール値の上昇、血栓塞栓症、骨密度の低下、うつ状態などの副作用が現れることがある。

-第104回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.