第104回薬剤師国家試験 問335

第104回薬剤師国家試験 問335

豪雨災害を受けた地域の避難所に薬剤師が医療チームの一員として派遣された。食中毒が懸念されており、手の消毒を推奨することになった。この避難所には下記の消毒剤が用意されていたが、希釈するための上水が不足していた。希釈をしないで使用できる消毒剤はどれか。2つ選べ。

1 ベンゼトニウム塩化物液(0.2 w/v%)
2 クレゾール石ケン液(50 vol%)
3 ベンザルコニウム塩化物液(0.05 w/v%)
4 消毒用エタノール(80 vol%)
5 クロルヘキシジングルコン酸塩液(5 w/v%)

 

 

 

 


解答
3、4


解説
1 手の消毒に使用するためには希釈が必要
ベンゼトニウム塩化物液を手指の消毒に用いる際の適切な濃度は「0.05〜0.1 w/v %」である。
2 手の消毒に使用するためには希釈が必要
クレゾール石ケン液を手指の消毒に用いる際の適切な濃度は「0.5〜1 vol%」である。
3 希釈しないで使用できる
ベンザルコニウム塩化物液を手指の消毒に用いる際の適切な濃度は「0.05〜0.1 w/v %」である。
4 希釈しないで使用できる
消毒用エタノールを手指の消毒に用いる際の適切な濃度は「76.9〜81.4 vol%」である。
5 手の消毒に使用するためには希釈が必要
クロルヘキシジングルコン酸塩液を手指の消毒に用いる際の適切な濃度は「0.1〜0.5 w/v %」である。