第104回薬剤師国家試験

第104回薬剤師国家試験 問32

第104回薬剤師国家試験 問32

γ–アミノ酪酸 GABAA 受容体のベンゾジアゼピン結合部位に結合し、ベンゾジアゼピン系薬による呼吸抑制を改善するのはどれか。1つ選べ。

1 デキストロメトルファン
2 アセチルシステイン
3 ドキサプラム
4 フルマゼニル
5 イプラトロピウム

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説
選択肢のうち、γ–アミノ酪酸 GABAA 受容体のベンゾジアゼピン結合部位に結合し、ベンゾジアゼピン系薬による呼吸抑制を改善するのは「フルマゼニル」である。
1 誤
デキストロメトルファンは、延髄の咳中枢に作用することで鎮咳作用を示す。
2 誤
アセチルシステインは、気道粘液のムコタンパク質のジスルフィド結合を開裂させることで去痰作用を示す。
3 誤
ドキサプラムは、主に末梢化学受容器を介して呼吸中枢を興奮させることで中枢神経抑制薬による中毒における呼吸抑制を改善する。
4 正
5 誤

イプラトロピウムは、気管支平滑筋に存在するアセチルコリンM3受容体を遮断することで気道狭窄を改善する。

-第104回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.