第104回薬剤師国家試験

第104回薬剤師国家試験 問27

ムスカリン性アセチルコリン受容体を選択的に刺激することで、消化管や膀胱の運動を亢進するのはどれか。1つ選べ。

  1. ベタネコール
  2. オキシブチニン
  3. チオトロピウム
  4. ネオスチグミン
  5. ピレンゼピン

解答・解説

解答
1

解説
選択肢のうち、ムスカリン性アセチルコリン受容体を選択的に刺激することで、消化管や膀胱の運動を亢進するのは、「ベタネコール」である。
1 正

2 誤
オキシブチニンは、ムスカリン性アセチルコリン受容体を遮断することにより、膀胱平滑筋の収縮を抑制する。

3 誤
チオトロピウムは、ムスカリン性アセチルコリン受容体を遮断することにより、気管支平滑筋の収縮を抑制する。

4 誤
ネオスチグミンは、コリンエステラーぜを阻害し、アセチルコリンの分解を抑制することによりコリン作動性神経を刺激する。

5 誤
ピレンゼピンは、ムスカリン性アセチルコリン受容体を遮断することにより、胃酸分泌を抑制する。

-第104回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.