第104回薬剤師国家試験 問240〜241

第104回薬剤師国家試験 問240〜241

58歳男性。地元のがんセンターに入院し、検査の結果、去勢抵抗性の前立腺がんと診断された。骨転移も認められている。主治医は、患者に対し、放射性医薬品による骨転移巣の治療を検討していることを説明した。

問240(衛生)
治療の目的で用いられる放射性医薬品に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 標的組織に高い選択性を示す。
2 診断用放射性医薬品と同様、標的組織から速やかに消失することが望ましい。
3 α線を放出する核種は使用されない。
4 放出される放射線により腫瘍細胞のDNAが損傷される。
5 数年程度の半減期をもつ核種が使用される。

 

 

 

 

 

 


解答
1、4


解説
治療目的で用いられる放射線医薬品の特徴を以下に示す。
・標的組織に高い選択性を示す
・診断用放射性医薬品と異なり、標的組織からゆっくり消失する
・α線やβ線を放出する核種を含有する
・放出される放射線により腫瘍細胞のDNAを切断することにより効果を発揮する
・数時間〜数日程度の半減期を有する核種を含有する


問241(実務)
去勢抵抗性の前立腺がんの治療に用いられる放射性医薬品として最も適切なのはどれか。1つ選べ。

1 クエン酸ガリウム(67Ga)注射液
2 ヨウ化ナトリウム(131I)カプセル
3 イットリウム(90Y)イブリツモマブ チウキセタン(遺伝子組換え)注射液調製用
4 塩化インジウム(111In)注射液
5 塩化ラジウム(223Ra)注射液

 

 

 

 

 

 


解答
5


解説
1 誤
クエン酸ガリウム(67Ga)注射液は、悪性腫瘍の診断、炎症性病変の診断に用いられる。
2 誤
ヨウ化ナトリウム(131I)カプセルは、甲状腺機能亢進症の治療、甲状腺癌及び転移巣の治療、シンチグラムによる甲状腺癌転移巣の発見に用いられる。
3 誤
イットリウム(90Y)イブリツモマブ チウキセタン(遺伝子組換え)注射液調製用は、CD20陽性の再発又は難治性の低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫、マントル細胞リンパ腫に用いられる。
4 誤
塩化インジウム(111In)注射液は、骨髄シンチグラムによる造血骨髄の診断に用いられる。
5 正
塩化ラジウム(223Ra)注射液は、骨転移のある去勢抵抗性前立腺癌の治療に用いられる。