第104回薬剤師国家試験 問236〜237

第104回薬剤師国家試験 問236〜237

58歳男性。CD20陽性のびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫と診断され、R–CHOP療法による治療が行われることになった。


問236(実務)
R–CHOP療法時に用いられる注射剤のうち、ヒトで催奇形性又は発がん性が報告されている、あるいは疑われており、かつ揮発性を有するため、薬剤調製時に閉鎖式接続器具の使用が最も望ましいのはどれか。1つ選べ。

1 リツキシマブ
2 グラニセトロン塩酸塩
3 シクロホスファミド水和物
4 ドキソルビシン塩酸塩
5 ビンクリスチン硫酸塩

 

 

 

 

 


解答
3


解説

R-CHOP療法とは、CHOP療法(シクロホスファミド水和物、ドキソルビシン塩酸塩、ビンクリスチン硫酸塩、プレドニゾロン併用療法)にリツキシマブを加えたがん化学療法のことであり、CD20陽性のびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫の治療法として用いられている。
選択肢のうち、ヒトで催奇形性又は発がん性が報告されている、あるいは疑われているものは、シクロホスファミド水和物、ドキソルビシン塩酸塩、ビンクリスチン硫酸塩であり、その中でも揮発性を有するため、薬剤調製時に閉鎖式接続器具の使用が望ましいのは、シクロホスファミド水和物である。


問237(衛生)
前問で選んだ薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 直接発がん物質である。
2 ナイトロジェンマスタードの誘導体である。
3 シトクロムP450により代謝的活性化を受け、DNAをアルキル化する。
4 エポキシ体の形成を介してDNA付加体を形成する。
5 発がんプロモーション作用を有する。

 

 

 

 

 

 


解答
2、3


解説
シクロホスファミド水和物は、ナイトロジェンマスタード誘導体であり、体内でシトクロムP450により代謝的活性化を受け、DNA をアルキル化する。