第104回薬剤師国家試験 問226〜227

第104回薬剤師国家試験 問226〜227

58歳男性。 健康診断の結果が、体重72 kg、血清クレアチニン値1.0 mg/dL、BUN 20 mg/dL、 空腹時血糖値122 mg/dL、HbA1c(NGSP値)6.5%、BMI 25.6であったため、かかりつけ医を受診した。かかりつけ医での検査の結果、耐糖能異常と診断され、食事療法と運動療法を開始した。仕事上、夜勤があり、食生活が不規則で十分な改善効果が得られなかったため、以下の薬剤を処方され薬局を訪れた。患者は、この薬剤の服用は初めてで、服用方法や副作用について不安を抱いている様子であった。

問226(実務)
薬剤師がこの患者に行う服薬指導として適切なのはどれか。2つ選べ。

1 おならが増えたり、下痢をしたりすることがありますが、症状が軽度の場合は心配せず続けて服用してください。
2 この薬で腎臓の働きが悪くなることがありますので、尿量が減少した場合はお知らせください。
3 この薬で低血糖症状が起きた時は、砂糖では改善効果が低いのでブドウ糖を摂取してください。
4 この薬を食直前に飲めなかった場合は、食間でも同様の効果がありますので、 食後2時間を目安に飲んでください。
5 この薬は舌の下で溶かして口の中で吸収させる薬なので、水で飲み込まないでください。

 

 

 

 

 

 


解答
1、3


解説
1 正
本剤を服用することにより、消化管においてα−グルコシダーゼが阻害され、二糖から単糖への分解が抑制される。消化管で未消化の糖類は、腸内細菌により発酵し、ガスを発生することから腸閉塞様症状(腹部膨満や放屁の増加など)の原因となる。また、消化管で未消化の糖類は、消化管の浸透圧を増加させるため、浸透圧性の下痢を誘発することがある。これらの症状が軽度の場合、身体に影響がほとんどないことから、本剤を継続して服用しても問題ない。
2 誤
本剤はほとんど消化管から吸収されないため、腎機能に対して影響を与えることはない。
3 正
本剤投与中に低血糖が現れた場合には、砂糖(スクロース:二糖)ではなく、グルコース(単糖)を摂取する必要がある。
4 誤
本剤を食直前に飲み忘れた場合には、以下のように対処する必要がある。
食事中に気づいた時にはすぐに服用し、食後に気づいた時には、その回を服用せず、次回服用時に1回分服用する。
5 誤
本剤は口腔内崩壊錠であり、消化管から吸収されるように設計されているため、唾液または水で飲み込む必要がある。


問227(衛生)
 前問の服薬指導の根拠となる糖質の消化・吸収に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 マルトースは、グルコースよりも小腸からの吸収効率が高い。
2 マルターゼは、α−グルコシダーゼである。
3 スクロースは、グルコースとフルクトースが α1→ 4結合したものである。
4 二糖類が消化されずに小腸管腔内に滞留すると、浸透圧性の下痢を起こしやすくなる。
5 ボグリボースは、ラクトースの分解を阻害する。

 

 

 

 

 

 

 


解答
2、4 


解説
1 誤
マルトースは、グルコースがα−グルコシド結合(α1→4結合)した二糖であり、単糖であるグルコースより小腸からの吸収効率が低い。
グルコースは、小腸に存在するNa/グルコーストランスポーター1(SGLT1)により小腸上皮細胞に取り込まれるが、マルトースはマルターゼによりグルコース2分子に分解されてからSGLT1により小腸上皮細胞に取り込まれるため、マルトースはグルコースに比べ小腸からの吸収効率が低い。
2 正
3 誤
スクロースは、グルコースとフルクトースがα1→β2結合したものである。
4 正
5 誤
ラクトースは、ガラクトースとグルコースがβ−ガラクトシド結合(β1→4結合)した二糖であることから、α−グルコシダーゼ阻害薬(ボグリボースなど)により分解を阻害されることはない。