第104回薬剤師国家試験 問218〜219

第104回薬剤師国家試験 問218〜219

27歳女性。 1年前に結婚し、近いうちに子供が欲しいと考えている。自分の母子手帳を確認したところ、麻しんワクチンの接種記録が1回であった。近隣の病院に設置されたお薬相談コーナーに、麻しんワクチン接種の相談に訪れた。麻しんワクチン製剤は現時点で入手の見通しが立たないので接種できないが、当該病院には麻しん風しん混合ワクチン製剤の在庫がある。

 問218(実務)
相談を受けた薬剤師が、この女性に行う説明として適切なのはどれか。2つ選べ。

1 麻しんワクチン接種歴が1回あるので、追加のワクチン接種は必要ありません。
2 マスクを着用し、手洗いをすれば、ワクチン接種は必要ありません。
3 麻しんワクチンの代替として、麻しん風しん混合ワクチンを接種できます。
4 妊娠していても、ワクチン接種はできます。
5 ワクチン接種後約2ヶ月間は妊娠しないように注意してください。

 

 

 

 

 

 

 

 


解答
3、5


解説
1 誤
麻しんワクチンは、1回接種のみでは、2〜5%程度免疫が十分に得られない場合があるが、2回接種すると、免疫を獲得することができる割合が97〜99%以上になるとされていることから、麻しんワクチンは、2回接種することとされている。
2 誤
麻しんウイルスは、空気感染(飛沫核感染)するため、マスクの着用や手洗いをしても感染することがある。麻しんを予防するための有効な方法として、麻しんワクチンを接種する必要がある。
3 正
4 誤
麻しん風しん混合ワクチンは、弱毒生ワクチンであり、妊婦に投与禁忌とされている。また、麻しん風しん混合ワクチン接種後約2ヶ月間は妊娠しないようすることとされている。
5 正
解説4参照


問219(物理・化学・生物)
この女性への説明事項の根拠として適切なのはどれか。2つ選べ。

1 麻しんウイルスは、主として腸管粘膜で増殖し、リンパ節へと拡散する。
2 麻しんウイルスは、回帰発症により帯状疱疹を生じさせる。
3 麻しんウイルスは空気感染はせず、飛沫感染及び接触感染によって伝播する。
4 麻しん風しん混合ワクチンは、麻しんワクチンと同様に麻しんウイルスに対する細胞性免疫を獲得させる。
5 麻しん風しん混合ワクチン中の麻しんワクチンは、弱毒生ワクチンである。

 

 

 

 

 

 

 

 


解答
4、5


解説
1 誤
麻しんウイルスは、主として気管支粘膜で増殖し、リンパ節へと拡散する。
2 誤
麻しんウイルスは、帯状疱疹の原因とはならない。なお、回帰発症により帯状疱疹を生じさせるのは、水痘・帯状疱疹ウイルスである。
3 誤
麻しんウイルスは、空気感染(飛沫核感染)、飛沫感染及び接触感染によって伝播する。
4 正
麻しん風しん混合ワクチンは、麻しんワクチンと同様に弱毒生ワクチンであり、麻しんウイルスに対する細胞性免疫および体液性免疫を獲得させる。
5 正