第104回薬剤師国家試験 問192〜193

第104回薬剤師国家試験 問192〜193

問192
35歳男性。身長172 cm、体重67 kg。頭痛と四肢の脱力感があり、血圧が180/110 mmHgであったため病院を受診した。血液検査の結果、血清カリウム値は3.0 mEq/Lであった。血中の甲状腺ホルモン値、カテコールアミン値、ACTH値には異常を認めず、腹部CT検査にて両側副腎の腫大を認めた。本症例に対する治療薬として適切なのはどれか。2つ選べ。

1 プレドニゾロン
2 スピロノラクトン
3 アムロジピン
4 フロセミド
5 ニトログリセリン

 

 

 

 

 


解答
2、3


解説
副腎の腫大に伴う高血圧症には、褐色性細胞腫、クッシング症候群、原発性アルドステロンがある。本症例では、カテコールアミン値、ACTH値に異常が認められていないことから、褐色性細胞腫、クッシング症候群の可能性は低い。このことから、この男性は原発性アルドステロン症であると推察できる。
原発性アルドステロンによる低カリウム血症を伴う高血圧には、抗アルドステロン薬(スピロノラクトン、エプレレノンなど)や降圧薬(アムロジピンなど)が用いられる。


問193
前問で選択した2つの薬物を長期服用したところ、女性化乳房が出現した。この副作用発現に関わる受容体として正しいのはどれか。2つ選べ。

1 ドパミンD2受容体
2 グルココルチコイド受容体
3 アンドロゲン受容体
4 アルドステロン受容体
5 プロゲステロン受容体

 

 

 

 

 

 

 


解答
3、5


解説
前問で選択したスピロトラクトンは、性ホルモン類似構造を有しており、アンドロゲン受容体及びプロゲステロン受容体に作用することにより女性化乳房を引き起こすことがある。