第104回薬剤師国家試験 問181

第104回薬剤師国家試験 問181

22歳男性。小児期よりインスリンの皮下注射を毎朝施行していた。就職して不規則な生活が続き、ある朝、倒れているのを発見され病院に搬送された。搬送時所見として、意識不鮮明で、呼びかけに応じなかった。血圧90/60 mmHg、呼吸数20/分、脈拍110/分、血糖値720 mg/dL であった。尿カテーテルを挿入し、尿検査を実施したところ、尿糖(+++)、タンパク(+)、ケトン体(+++)を認めた。搬送時に動脈血液ガス分析を施行した時のpHの値に最も近いと考えられるの はどれか。1つ選べ。

1 8.0
2 7.7
3 7.4
4 7.1
5 6.0

 

 

 

 

 


解答
4


解説
本症例では、この男性は、小児期よりインスリンの皮下注射を毎朝施行していることから、1型糖尿病であると考えらえる。また、搬送時の状態(意識不鮮明)、血糖値、尿糖、尿中ケトン体より、インスリン不足によるケトアシドーシスを起こしていると考えられる。ケトアシドーシスを起こしている時の動脈血のpHは「6.8〜7.3」と正常値(pH7.4±0.05)よりも少し酸性側に傾いていることから、搬送時に動脈血液ガス分析を施行した時のpHの値に最も近いは「7.1」であると推察される。