第104回薬剤師国家試験

第104回薬剤師国家試験 問177

第104回薬剤師国家試験 問177

放出制御型製剤に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 硫酸鉄を含むグラデュメット型製剤は、イオン交換樹脂に鉄を吸着させて、消化管内のイオンとの交換反応により徐放させる製剤である。
2 パリペリドンを含む浸透圧ポンプ型製剤は、薬物とそれを押し出す駆動力となる電解質を高分子マトリックスに分散させた徐放性製剤である。
3 チモロールマレイン酸塩と添加剤であるメチルセルロースを含む持続性点眼剤は、熱可逆的ゾル−ゲル相転移特性を利用して、結膜嚢での薬物の長時間滞留を可能にした製剤である。
4 オキシブチニン塩酸塩を含む経皮吸収型貼付剤は、マトリックス型構造を有し、貼付後、血中薬物濃度を長時間維持できる製剤である。
5 ブセレリン酢酸塩を含むエチレン・酢酸ビニル共重合体からなる生分解性マイクロカプセルは、皮下投与後、長期にわたり薬効を持続できる製剤である。

 

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、4


解説
1 誤
イオン交換樹脂を用いて、消化管内のイオンと交換させることにより薬物を放出させる製剤は、レジネート型製剤である。 なお、グラデュメット製剤は、多孔性プラスチックの格子の間に薬物を含有させた製剤である。
2 誤
パリペリドンを含む浸透圧ポンプ型製剤は、薬物層とプッシュ層を放出制御膜で包んだ製剤であり、水が浸透することによりプッシュ層が膨張し、薬物が放出される。

3 正
チモロールマレイン酸塩と添加剤であるメチルセルロースを含む持続性点眼剤は、温度の上昇によりゲル化(固体状になる)するメチルセルロースを添加することにより薬物の長時間滞留を可能にしている。
4 正
5 誤
ブセレリン酢酸塩を含む生分解性マイクロカプセルは、ポリ乳酸・グリコール酸共重合体でできており、生体内で徐々に加水分解されることにより徐放化を可能にしている。

-第104回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.