第104回薬剤師国家試験

第104回薬剤師国家試験 問168

第104回薬剤師国家試験 問168

体内動態が線形 1-コンパートメントモデルに従う薬物の経口投与に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。 なお、ka及びkelは、それぞれ吸収速度定数及び消失速度定数を表し、t は投与後の時間を表す。

1 バイオアベイラビリティが一定であるとき、最高血中濃度は投与量の平方根に比例する。
2 最高血中濃度到達時間は投与量に依存しない。
3 血中濃度時間曲線下面積(AUC)はkaに比例する。
4 血中濃度は、A(e-kel・t +e-ka・t)(A:濃度の単位で表される定数)で表される。
5 ka≫kelのとき、血中濃度推移の消失相から得られる消失半減期はln2/ kelで表される。

 

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、5

動画解説


解説
1 誤
バイオアベイラビリティが一定であるとき、最高血中濃度は投与量に比例する。

2 正
最高血中濃度到達時間は、吸収速度定数及び消失速度定数に依存するが、投与量には依存しない。

3 誤
経口投与時のAUCは下記の式で表されることから、kaに無関係である。

4 誤
血中濃度は、A(ekel・teka・t)(A:濃度の単位で表される定数)で表される。

5 正
詳細については動画解説参照

-第104回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.