第104回薬剤師国家試験 問161

第104回薬剤師国家試験 問161

血液・造血系に作用する薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 フィルグラスチムは、単球・マクロファージ系前駆細胞に作用し、その分化や増殖を促進することで、顆粒球減少症を改善する。
2 メコバラミンは、造血組織におけるDNA合成を抑制することで、巨赤芽球性貧血を改善する。
3 葉酸は、血漿中の鉄の造血組織への移行を促進することで、鉄芽球性貧血を改善する。
4 ダルベポエチンアルファは、赤芽球前駆細胞から赤血球への分化を促進することで、腎性貧血を改善する。
5 エルトロンボパグは、トロンボポエチン受容体を刺激することで、血小板減少症を改善する。

 

 

 

 


解答
4、5


解説
1 誤
フィルグラスチムは、顆粒球系前駆細胞に作用し、その分化や増殖を促進することで、顆粒球減少症を改善する。なお、設問の記述は、ミリモスチムに関するものである。
2 誤
メコバラミンは、造血組織におけるDNA合成を促進することで、巨赤芽球性貧血を改善する。
3 誤
葉酸は、DNAやアミノ酸を合成する際、補酵素として作用するため、巨赤芽球性貧血に用いられる。なお、鉄芽球性貧血の治療には、ビタミンB6製剤が用いられることがある。
4 正
ダルベポエチンアルファは、エリスロポエチン誘導体であり、赤芽球前駆細胞から赤血球への分化を促進することで、腎性貧血を改善する。
5 正