第104回薬剤師国家試験

第104回薬剤師国家試験 問130

第104回薬剤師国家試験 問130

アルコールの中毒と代謝に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

1 エタノールの代謝によって生じるアセトアルデヒドにより、頭痛や悪心、嘔吐などが引き起こされる。
2 欧米人に比べて、日本人ではアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の活性が低い人の割合が高い。
3 アルコール依存症の患者は、ウェルニッケ脳症などのビタミンB1欠乏症を起こすことがある。
4 メタノールの眼毒性は、メタノールがギ酸に代謝されることによって低減される。
5 メタノール中毒患者の治療にエタノールが用いられることがある。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説
1 正しい
エタノールの代謝によって生じるアセトアルデヒドが、頭痛や悪心、嘔吐を引き起こすことがある。
2 正しい
日本人などのモンゴロイド系の人々は、欧米人に比べて、アルデヒド脱水素酵素(ALDH)の活性が低いとされている。
3 正しい
アルコール依存症患者は、食事をおろそかにし、アルコールばかりを摂取するため、栄養失調によるウェルニッケ脳症(症状:意識障害、眼球運動の異常、運動失調)などのビタミンB1欠乏症を起こしやすい。
4 誤っている
メタノールの眼毒性は、メタノールがギ酸に代謝されることにより誘発されるため、メタノールがギ酸に代謝されてもメタノールの眼毒性は低減されない。
5 正しい
第97回薬剤師国家試験 問135参照

-第104回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.