第104回薬剤師国家試験

第104回薬剤師国家試験 問124

第104回薬剤師国家試験 問124

予防接種法に定める予防接種に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 インフルエンザは、個人の発症又はその重症化の防止に比重を置くため、B類疾病に分類されている。
2 日本脳炎の予防接種には、トキソイド由来のワクチンが用いられる。
3 ポリオのワクチンは、ジフテリア、百日咳、破傷風のワクチンとともに4種混合ワクチンとして接種される。
4 水痘に対して、ワクチンの任意接種が行われている。
5 原虫感染症に対して、ワクチンの任意接種が行われている。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、3


解説
1 正
予防接種法に定める予防接種(定期接種)は、A類疾病(発生すると重症化したり、後遺症を残す病気の予防および集団予防に重点を置いたもの)とB類疾病(個人の発病または重症化の予防に重点を起き、対象者本人が接種を希望する場合に実施されるもの)に分類される。予防接種法に定める予防接種において、インフルエンザ及び肺炎球菌感染症はB類疾病に分類されている。
2 誤
日本脳炎の予防接種には、不活化ワクチンが用いられる。
3 正
4 誤
水痘のワクチンを対象年齢期間中(生後12〜36ヶ月)に接種する場合には、定期接種(予防接種法に定める予防接種)となるが、対象年齢期間以外に接種する場合には、任意接種となる。
5 誤
予防接種法に定める予防接種には、原虫感染症に対する予防接種はない。

-第104回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.