第104回薬剤師国家試験

第104回薬剤師国家試験 問122

第104回薬剤師国家試験 問122

少子・高齢化に関する我が国の人口指標の数値の大小関係について、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 平成28年の合計特殊出生率>平成28年の総再生産率
2 平成28年の健康寿命>平成28年の0歳平均余命
3 平成28年の年少人口指数>平成28年の老年人口指数
4 昭和60年の平均初婚年齢>平成28年の平均初婚年齢
5 平成28年の粗死亡率>昭和60年の粗死亡率

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、5


解説
1 正
合計特殊出生率とは、再生産年齢(15〜49歳)の女子の年齢別出生率の合計のことであり、総再生産率とは、再生産年齢(15〜49歳)の女子の女児の年齢別出生率の合計のことである。合計特殊出生率は総再生産率の約2倍の値となることから、合計特殊出生率>総再生産率となる。
2 誤
健康寿命とは、平均寿命(0歳児平均余命)より要介護状態となった期間を差し引いた寿命のことである。このことから、健康寿命<0歳児平均余命となる。
3 誤
年少人口指数は、(年少人口÷生産年齢人口)×100、老年人口指数は、(老年人口÷生産年齢人口)×100で表される。平成28年では年少人口<老年人口であるため、年少人口指数<老年人口指数となる。
4 誤
我が国では、晩婚化が進み、平均初婚年齢は増加傾向にある。
5 正
我が国では高齢化が進み、粗死亡率は増加傾向にある。

-第104回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.