第104回薬剤師国家試験 問111

第104回薬剤師国家試験 問111

ヒトの微小管に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 体細胞分裂の際に生じる紡錘糸は、微小管により構成されている。
2 微小管はアクチンとミオシンが重合したものである。
3 神経細胞において、微小管は軸索輸送に関与する。
4 微小管の脱重合を阻害すると、腫瘍細胞の増殖が促進される。
5 微小管は、細胞外マトリックスの主要な成分の1つである。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、3


解説
1 正
2 誤
微小管はチュブリンが重合したものである。
3 正
神経細胞の軸索は細長い突起であり、この軸索内ではタンパク質の合成がほとんど行われない。そのため、軸索内で必要なタンパク質は細胞体で合成された後、軸索輸送により供給されている。軸索輸送は、モータータンパク質(キネシン、ダイニン)が微小管を沿って移動することにより行われている。
4 誤
微小管の脱重合を阻害すると、細胞分裂の際、染色体が2つに分離できなくなるため、細胞分裂を抑制することができる。このことから、微小管の脱重合を阻害すると、腫瘍細胞の増殖が抑制される。
5 誤
微小管は、細胞内に存在するため、細胞外マトリックスにはほとんど含まれていない。細胞外マトリックスとは、細胞外の空間を充填する物質のことであり、主にコラーゲンや繊維タンパク質などで構成されている。