第104回薬剤師国家試験 問110

胃に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 胃と食道の境界部を幽門とよぶ。
2 胃の筋層は、 3層からなる。
3 主細胞は、胃粘膜の保護に関わる粘液を胃内に分泌する。
4 壁細胞は、ビタミンKの小腸での吸収に必要な内因子を胃内に分泌する。
5 G細胞は、胃酸の分泌を促進するガストリンを血液中に分泌する。

 

 

 

 

 


解説
1 誤
胃と食道の境界部を噴門という。なお、幽門は胃と十二指腸の境界部のことである。
2 正
胃の筋層は、斜走筋、輪走筋、縦走筋の3層からなる。
3 誤
主細胞は、タンパク質の分解に関与するペプシノーゲンを分泌する。なお、胃粘膜に関わる粘液は副細胞より分泌される。
4 誤
壁細胞は、ビタミンB
12の小腸での吸収に必要な内因子を胃内に分泌する。
5 正


解答
2、5