第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問97

第103回薬剤師国家試験 問97

生理食塩液は、塩化ナトリウムを0.9 w/v%含む等張液である。日本薬局方「生理食塩液」中の塩化ナトリウム(式量:58.44)の定量法に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

本品20 mLを正確に量り、水30 mLを加え、強く振り混ぜながら0.1 mol/L硝酸銀液で滴定する(指示薬:「  A  」試液3滴)。」

1 下線部の操作で用いられる計量器具は、メスシリンダーである。
2 「  A  」に入るのは、フルオレセインナトリウムである。
3 生理食塩液1 L中には、塩化ナトリウムが15.4 mmol含まれる。
4 滴定終点においては、過剰な銀イオンと指示薬からなる赤褐色の沈殿を生じる。
5 0.1 mol/L硝酸銀液1 mLに対する塩化ナトリウムの対応量は5.844 mgである。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、5


解説
1 誤
本品20 mLを正確に量るために用いられる計量器具は、ホールピペットである。ホールピペットは、0.1〜100 mL程度の一定体積の液体を正確に量りとることができるガラス管である。
2 正
塩化ナトリウムを沈殿滴定により定量する際には、指示薬としてフルオレセインナトリウムが用いられる。
3 誤
生理食塩液1 L中には、塩化ナトリウムが154 mmol含まれる。
4 誤
滴定終点においては、過剰な銀イオンと指示薬(フルオレセインナトリウム)が結合することにより液体が紅色に色付く。
5 正
<対応量の求め方の手順>
①:対応数について確認する。
塩化物イオン(Cl)と銀イオン(Ag)は1:1で反応することから、対応数(目的成分1molに対して、反応する標準液のmol数)は1となる。
③:標準液1mLに対応する目的成分の物質量を求める。
0.1 mol/L硝酸銀液1 mLに対する塩化ナトリウムの物質量=(0.1mol/L×1mL÷1)=0.1mmoL
④:対応量を求める。
対応量=0.1mmoL×58.44 g/mol=5.844(mg)

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.