第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問93

第103回薬剤師国家試験 問93

下のグラフは、可逆(平衡)反応(Ⅰ)、平行(並発)反応(Ⅱ)、連続(逐次)反応(Ⅲ)における反応物、中間体及び生成物の濃度と時間の関係を表している。素反応がいずれも反応速度定数k1〜k6の一次反応であるとき、反応Ⅰ〜Ⅲに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1  反応Ⅰの平衡定数の値は、1よりも小さい。
2  反応ⅡのCの半減期は、ln2/(k3+k4)で表される。
3 反応Ⅱの生成物の濃度比[D]/[E]は、時間によらずk3/k4となる。
4 反応Ⅲのk5が一定のとき、k6が大きくなるほど、Gの最大濃度に達する時間は遅くなる。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、3

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.