第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問92(固相ー液相平衡) 過去問解説

図は一定圧力条件下での水−塩化ナトリウム二水和物(NaCl・2H2O)の二成分の状態を表したもの(相図)である。この図に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 領域ア内の任意の点で生じている固体は、すべて純水からなる。
  2. 領域イ内の任意の点の塩化ナトリウム濃度は、一定である。
  3. 領域ウ内の任意の点(線上は含まない)における熱力学的自由度は、条件指定に使っている圧力を含めて1である。
  4. 曲線ABは水と塩化ナトリウムの溶解度積を表している。
  5. 点Bでは、液相、固体の水、固体の塩化ナトリウム二水和物の三相が平衡状態にある。

解答・解説

解答
1、5

解説
1 正
領域ア内の任意の点では、純水からなる固体と液相(水と塩化ナトリウムが混合されたもの)からなる。

2 誤
領域イ内においては、塩化ナトリウム濃度は異なる。

3 誤
自由度Fは以下の式により求めることができる。
F=C+2-P  (C:成分の数、P:相の数)
本設問における相図においては成分の数Cは2であり、また、線上は含まない領域ウ内の任意の点では、塩化ナトリウムからなる固体と液相(水と塩化ナトリウムが混合されたもの)からなるため、相の数Pは2となる。
このことから、自由度Fを以下のように求めることができる。
F=2+2-2=2
なお、計算より得られたF=2には、条件指定に使っている圧力が含まれている。

4 誤
曲線ABは、水の融点を表している。

5 正

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.