第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問86

27歳女性。現在、妊娠している。感染性膀胱炎と診断された。治療薬として最も推奨されるのはどれか。1つ選べ。

  1. ミノサイクリン塩酸塩
  2. イトラコナゾール
  3. セフカペンピボキシル塩酸塩
  4. レボフロキサシン水和物
  5. スルファメトキサゾール・トリメトプリム

解答・解説

解答
3

解説
感染性膀胱炎の治療には、一般にセフェム系抗生物質やニューキノロン系抗菌薬が用いられる。本患者は妊娠しているため、ニューキノロン系抗菌薬を用いることができない(ニューキノロン系抗菌薬は妊婦に禁忌とされている)。よって、本症例に用いられる治療薬として推奨されるのは、セフェム系抗生物質であるセフカペンピボキシル塩酸塩である。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.