第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問61(必須問題) 過去問解説

アレルギー性鼻炎に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. 鼻粘膜のⅡ型アレルギー性疾患である。
  2. IgE抗体が関与している。
  3. ハウスダストやダニは季節性アレルギー性鼻炎の原因である。
  4. 花粉症の原因としてヒノキ花粉が最も多い。
  5. アレルゲン免疫療法は即効性がある。

解答・解説

解答
2

解説
1 誤
本疾患は、IgE抗体が関与する鼻粘膜のⅠ型アレルギー疾患である。

2 正

3 誤
季節性アレルギー性鼻炎は花粉症といわれ、その原因は花粉(スギ、ヒノキ、イネ、ブタクサ、ヨモギなど)である。なお、ハウスダストやダニは通年性アレルギー性鼻炎の原因となる。

4 誤
花粉症の原因として最も多いのは、スギ花粉である。

5 誤
アレルゲン免疫療法(舌下免疫療法:アレルゲンを含む治療薬を舌下に投与する方法)は、即効性はないが、長期にわたり症状を抑える効果が期待できる。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.