第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問33

第103回薬剤師国家試験 問33

セロトニン5−HT1A受容体を選択的に刺激することで抗不安作用を示すのはどれか。1つ選べ。

1 ジアゼパム
2 スマトリプタン
3 タンドスピロン
4 スピペロン
5 オキサゾラム

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
セロトニン5−HT1A受容体を選択的に刺激することで抗不安作用を示すのは、「タンドスピロン」である。
1 誤
ジアゼパムは、ベンゾジアゼピン受容体に結合することにより抗不安作用を示す。
2 誤
スマトリプタンは、脳血管の5−HT1B受容体、5−HT1D受容体を刺激し、血管を収縮させることにより片頭痛を改善する。
3 正
4 誤
スピペロンは、ドパミンD2受容体を遮断することにより統合失調症の陽性症状を改善する。
5 誤
オキサゾラムは、ベンゾジアゼピン受容体に結合することにより抗不安作用を示す。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.