第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問324〜325

第103回薬剤師国家試験 問324〜325

85歳女性。独居。かかりつけ医を受診し、処方箋を持って薬局を訪れた。薬剤を受け取って帰宅後にこの女性から薬局に電話があり、「薬を飲んだあと首のまわりが赤くなってきた」とのことだった。


問324 (実務)
薬剤師が行う対応として、優先度が高いのはどれか。2つ選べ。

1 市販の湿疹用軟膏の手持ちがあれば使用するよう助言する。
2 息苦しさや唇の腫れなどいつもと違う感じがないか確認する。
3 不安に対し時間をかけてカウンセリングを行う。
4 明日まで様子を見るよう助言をする。
5 副作用以外の可能性を探るための質問をする。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、5


解説
本患者は「薬を飲んだあと首のまわりが赤くなってきた」と訴えていることから、薬による副作用が現れている可能性があると推察される。薬の副作用が現れている可能性がある場合には、原疾患によるものか、軽微な副作用か、重度の副作用かを判断するために以下のことを確認する。
服用した薬、服用量、現在の状態、服用後の時間、原疾患 等
また、本患者に現れている症状から、薬疹や血管浮腫が疑われるため、息苦しさや唇の腫れについて確認し、それらの症状が現れている場合には呼吸困難に陥る可能性があるので受診するように説明する。


問325 (法規・制度・倫理)
この患者が、この電話対応から2週間後に来局したとき、相談する相手もなく心細い様子だった。この患者への対応として、適切でないのはどれか。2つ選べ。

1 患者の気持ちを共感的に受け止める。
2 患者の話を要約して伝えることにより、互いの理解を確認する。
3 患者に同情して、薬剤師自身の体験を一方的に話す。
4 患者が聞きやすい声の高さや大きさに配慮する。
5 患者が自由に話しやすいように、閉じた質問をする。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、5


解説
1 適切である
患者に対応する際には、同情するのでなく、共感的態度で対応する必要がある。
同情:相手の不幸や苦悩を自分のことのように思いやっていたわること
共感:相手の感じていることをできる限り同じように感じようとすること
2 適切である
3 適切でない
解説1参照
4 適切である
5 適切でない
患者が自由に話しやすいようにするためには、「開いた質問」をする。
開いた質問:患者が自由に答えることができる質問
閉じた質問:「はい・いいえ」、「数値」で答えることができる質問

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.