第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問294〜295

第103回薬剤師国家試験 問294〜295

26歳男性。統合失調症の診断を受け、ハロペリドールを処方されていた。手の震え、体のこわばりやアカシジア(静座不能)などの副作用の出現により服薬を自己中断するため、入退院を繰り返している。3ヶ月前から以下の処方に変更となった。

<3ヶ月前の検査データ>
体重68 kg、空腹時血糖110 mg/dL、LDLで(低密度リポタンパク質コレステロール)130 mg/dL、HDL−C(高密度リポタンパク質コレステロール)47 mg/dL、TG(トリグリセリド)120 mg/dL
現在、患者の精神状態は安定しているが、食欲が亢進し、栄養指導しても過食になることが多い。
<現在の検査データ>
体重76 kg、空腹時血糖110 mg/dL、LDL−C 138 mg/dL、HDL−C 42 mg/dL、TG150mg/dL

服薬指導の際に、患者から「体重増加は困るので、薬を変えて欲しい」との訴えがあった。


問294 (病態・薬物治療)
この患者の病態及び治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

1 オランザピンの服用により糖尿病を発症している。
2 錐体外路症状は、漏斗下垂体のドパミン神経の過剰興奮によって起こる。
3 オランザピンはハロペリドールよりも錐体外路症状を起こしにくい。
4 オランザピンによる悪性症候群の発症はない。
5 体重増加はオランザピンに特徴的な副作用であり、他の抗精神病薬では認めない。

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
1 誤
本患者は3ヶ月前よりオランザピン錠の服用を開始しており、3ヶ月前と現在では、空腹時血糖に変化が見られないことから、オランザピンの服用により糖尿病を発症しているとは考えられない。なお、オランザピンは重大な副作用として、高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡を起こすことがある。
2 誤
錐体外路症状は、黒質−線条体系のドパミン神経の機能低下により起こる。なお、漏斗下垂体のドパミン神経の過剰興奮により、プロラクチンの分泌抑制が認められる。
3 正
定型抗精神病薬(ハロペリドール等)に比べ、非定型抗精神病薬(オランザピンなど)では、副作用として錐体外路障害を起こしにくい。
4 誤
悪性症候群は、ドパミン系の急激な機能低下により誘発されることがある。オランザピンは、ドパミンD2受容体遮断作用を有することから、副作用として悪性症候群を起こすことがある。
5 誤

ヒスタミンH1受容体遮断作用を有する抗精神病薬では食欲増進作用により体重増加をきたすことがある。また、抗精神病薬の中には代謝へ影響を与え体重増加をきたすものがある。よって、オランザピン以外にも副作用として体重増加をきたす抗精神病薬がある。


問295 (実務)
薬剤師が患者の訴えを医師に伝えたところ、代替薬を検討することになった。副作用発現の観点から推奨できる薬物として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

1 クロルプロマジン塩酸塩
2 クロザピン
3 クエチアピンフマル酸塩
4 スルピリド

5 アリピプラゾール

 

 

 

解答・解説

解答
5


解説
本患者は、以前にハロペリドールの副作用である錐体外路症状(手の震え、体のこわばりやアカシジア(静座不能)など)を起こしたことがあるため、定型抗精神病薬を選択することはできない。また、本患者は「体重増加は困るので、薬を変えて欲しい」との訴えがあるため、体重増加きたしにくい非定型抗精神病薬を選択する必要がある。選択肢のうち、非定型抗精神病薬であり体重増加をきたしにくい薬物は、アリピプラゾールである。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.