第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問280〜281

第103回薬剤師国家試験 問280〜281

86歳女性。骨粗しょう症で整形外科を受診し薬物治療を受けている。服用している薬剤は以下のとおりであった。

しかし、最近になりアレンドロン酸ナトリウム錠が大きいために嚥下が困難になったので、薬局を訪れた。担当した薬剤師が医師に連絡したところ、次回より以下の処方に変更することになった。


問280 (実務)
処方箋を受け取った薬剤師は、すでに服用している錠剤の基本的な服用法を患者に対して再確認した。次に、このゼリー剤で注意することについて、新たに追加説明を行うことにした。その追加の内容として適切なのはどれか。1つ選べ。

1 起床してすぐにコップ一杯の水で服用すること。
2 口の中で噛んだり、溶かしたりしないこと。
3 服用後、少なくとも30分たってから食事を摂ること。
4 低温(冷蔵庫など)を避けて保存すること。
5 カルシウムやマグネシウム等の含量が特に高い飲料で服用しないこと。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説
アレンドロン酸ナトリウム水和物経口ゼリー剤35 mgに変更する際に追加説明を行う内容は、「低温(冷蔵庫など)を避けて保存すること」である。本経口ゼリー剤は、低温では有効成分の結晶が析出しやすくなるので低温・凍結(冷蔵庫、冷凍庫等)を避けて保存することとされている。また、結晶が析出した製剤は服用しないこととされている。
なお、選択肢1、2、3、5については、「アレンドロン酸ナトリウム錠35 mg」、「アレンドロン酸ナトリウム水和物経口ゼリー剤35 mg」について服薬指導する際に説明すべき項目となっている。


問281 (薬剤)
本経口ゼリー剤の添加剤に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。なお、本経口ゼリー剤には、添加剤としてカラギーナン、ローカストビーンガム、ポリアクリル酸ナトリウム、グリセリン、D−ソルビトール、クエン酸ナトリウム、パラオキシ安息香酸プロピルが含まれる。

1 カラギーナンは、種類によってカルシウムイオンやカリウムイオンでゲル化するものがある。
2 ローカストビーンガムは、保存剤として添加されている。
3 ポリアクリル酸ナトリウムは、主薬の酸化に対する安定性を高める。
4 クエン酸ナトリウムは、乳化剤として添加されている。
5 パラオキシ安息香酸プロピルは、増粘剤として添加されている。

 

 

 

 

解答・解説

解答
1


解説
1 正
ガラギーナンは、D−ガラクトースがα−1,3結合又はβ−1,4結合を交互に繰り返した構造をしており、構造によりカッパ、イオタ、ラムダの3タイプが存在する。それぞれの特徴を以下に示す。
・カッパガラギーナン
カルシウムイオンでゲル化し、固くて脆く、離水の多いゲルを形成する
・イオタガラギーナン
カルシウムイオンでゲル化し、柔らかく弾力性があり、離水の少ないゲルを形成する
・ラムダガラギーナン
ゲルを形成することはない
2 誤
ローカストビーンガムは、増粘剤として添加されている。
3 誤
ポリアクリル酸ナトリウムは、増粘剤として添加されている。
4 誤
クエン酸ナトリウムは、緩衝剤として添加されている。
5 誤
パラオキシ安息香酸プロピルは、保存剤として添加されている。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.