第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問270〜271

第103回薬剤師国家試験 問270〜271

23歳男性。幼児期に喘息と診断され、総合病院の呼吸器内科でテオフィリンが処方され、継続的に服用している。最近、体調を崩し、近所の内科を受診したところ、マイコプラズマ肺炎と診断され、以下の薬剤が投薬された。
服用を始めて2日後、男性は夜中に眠れなくなったので、薬剤情報提供書を薬局に持参してかかりつけ薬剤師に相談した。


問270 (実務)
相談された薬剤師は、テオフィリンとの薬物相互作用による副作用を疑い、内科医に疑義照会した。その際、薬剤師が変更を提案すべき薬剤はどれか。1つ選べ。

1 シプロフロキサシン錠
2 カルボシステイン錠
3 アンブロキソール塩酸塩錠
4 チペピジンヒベンズ酸塩錠

5 モンテルカスト錠

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1


解説
テオフィリンは主にCYP1A2により代謝されるため、CYP1A2を阻害するシプロフロキサシンと併用すると、テオフィリンの血中濃度が上昇し、副作用(頭痛、不眠、めまい、振戦、興奮、イライラ等)が現れることがある。


問271 (薬剤)
前問における薬物相互作用の機序として正しいのはどれか。1つ選べ。

1 CYP1A2の阻害
2 CYP3A4の誘導
3 有機カチオントランスポーターの阻害
4 P−糖タンパク質の阻害
5 キレート形成

 

 

 

 

解答・解説

解答
1


解説
問270解説参照

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.