第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問27

第103回薬剤師国家試験 問27

長期連用により精神的依存を起こすが、身体的依存を生じにくいのはどれか。1つ選べ。

1 メタンフェタミン
2 モルヒネ
3 アルコール(エタノール)
4 エチゾラム
5 フェノバルビタール

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1


解説
選択肢のうち、長期連用により精神的依存を起こすが、身体的依存を生じにくいのは、「メタンフェタミン」である。

・精神的依存
特定の薬物の使用を止めた際に、感情・動機的な脱離症状(不快感、喜びの喪失、不安など)が起こる状態のことである。
・身体的依存
特定の薬物の使用を止めた際に、離脱症状と呼ばれる身体の症状が起こる状態のことである。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.