第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問262〜265

第103回薬剤師国家試験 問262〜265

78歳女性。関節リウマチのためメトトレキサートを服用中。病棟での薬剤管理指導の面談で、最近疲れやすく、口内炎がひどいとの訴えがあった。
検査データ:AST 90 U/L、ALT 75U/L、MCV 105fL、白血球数1,300/µL、血小板数30,000/µL


問262 (実務)
医師に対して、この患者への投与を提案する薬剤として最も適切なのはどれか。1つ選べ。

1 ホリナートカルシウム錠
2 トファシチニブクエン酸塩錠
3 デキサメタゾン錠
4 エポエチンアルファ(遺伝子組替え)注射液

5 タクロリムス水和物カプセル

 

 

 

 

解答・解説

解答
1


解説
<本症例の概要>
・症状
疲れやすく、口内炎がひどい
・検査データ
AST(基準値:10〜35 U/L)、ALT(基準値:10〜40 U/L)共に高値
白血球数(基準値:4000〜9000 /µL)、血小板数(基準値:10〜40×104 /µL)共に低値
上記より、本患者にはメトトレキサートの副作用である骨髄抑制、肝機能障害、粘膜・消化管障害が発現していると考えられる。よって、本患者に投与すべき薬剤は、メトトレキサートの解毒薬であるホリナートカルシウム錠である。
1 正
ホリナートカルシウムは、細胞内に取り込まれて活性型葉酸となり、核酸合成を再開させることによりメトトレキサートの毒性を軽減する。
2 誤
トファシチニブクエン酸塩は、ヤヌスキナーゼ(JAK)を阻害し、インターロイキン−2(IL−2)、インターロイキン−4(IL−4)などの複数のサイトカイン受容体を阻害することにより、免疫反応を抑制することで関節リウマチを改善する。
3 誤
デキサメタゾンは、副腎皮質ステロイド性薬であり、細胞内のグルココルチコイド受容体と複合体を形成し、抗炎症作用を示す。
4 誤

エポエチンアルファ(遺伝子組替え)は、エリスロポエチン製剤であり、赤芽球前駆細胞に作用し、赤血球への分化増殖を促進することにより腎性貧血を改善する。
5 誤
タクロリムス水和物は、カルシニューリンを阻害し、インターロイキンなどのサイトカイン産生を抑制することにより免疫抑制作用を示す。


問263 (薬理)
前問で適切と考えられた薬物の作用機序として正しいのはどれか。1つ選べ。

1 カルシニューリンを阻害し、インターロイキンなどのサイトカイン産生を抑制する。
2 細胞内に取り込まれて活性型葉酸となり、核酸合成を再開させる。
3 赤芽球前駆細胞に作用し、赤血球への分化増殖を促進する。
4 ヤヌスキナーゼ(JAK)を阻害し、免疫反応を抑制する。
5 細胞内のグルココルチコイド受容体と複合体を形成し、抗炎症作用を示す。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
問262解説参照


問264 (実務)
その後、発熱、乾性咳嗽、息切れがあるとの訴えがあり、検査の結果、メトトレキサートが原因の間質性肺炎が疑われた。
医師に対して、この患者への投与を提案する薬剤として最も適切なのはどれか。1つ選べ。

1 ピルフェニドン錠
2 テルブタリン硫酸塩錠
3 インフリキシマブ(遺伝子組換え)点滴静注
4 デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物錠
5 プレドニゾロン錠

 

 

 

 

解答・解説

解答
5


解説
メトトレキサートは副作用として間質性肺炎を起こすことがある。メトトレキサートの副作用である間質性肺炎が認められた場合には、副腎皮質ステロイド性薬(プレドニゾロンなど)を投与する。それでも改善しない場合には、免疫抑制薬の投与を検討する。
1 誤
ピルフェニドンは、TNF−α(腫瘍壊死因子−α)などの炎症性サイトカインやTGF−β(トランスフォーミング増殖因子−β)などの線維化形成に関与する増殖因子を抑制する。本剤は、原因が特定されない間質性肺炎(特発性間質性肺炎)の治療に用いられる。
2 誤
テルブタリン硫酸塩は、アドレナリンβ2受容体(Gsタンパク質共役型受容体)刺激薬であり、気管支喘息の治療に用いられる。
3 誤
インフリキシマブ(遺伝子組換え)は、TNF−αに対するキメラ型モノクローナル抗体製剤であり、TNF−αを捕捉することにより抗リウマチ作用を示す。本剤は、関節リウマチの治療に用いられる。
4 誤
デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物は、咳中枢に作用して咳嗽反射閥値を上昇させることにより鎮咳作用を示す。本剤は、感冒、気管支炎等に伴う咳嗽の治療に用いられる。
5 正

プレドニゾロンは、細胞質のグルココルチコイド受容体に結合し、この複合体が核内へ移行した後に転写活性を変化させことにより、抗炎症作用を示す。


問265 (薬理)
前問で適切と考えられた薬物の作用機序として正しいのはどれか。1つ選べ。

1 TNF−α(腫瘍壊死因子−α)を捕捉する。
2 咳中枢に作用して咳嗽反射閥値を上昇させる。
3 気管支平滑筋のGタンパク共役型受容体を刺激する。
4 細胞質において受容体と結合し、この複合体が核内へ移行した後に転写活性を変化させる。

5 TGF−β(トランスフォーミング増殖因子−β)を捕捉する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説
問264解説参照

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.