第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問258〜259

第103回薬剤師国家試験 問258〜259

71歳男性。3年前に慢性閉塞性動脈硬化症と診断されたが、自覚症状は無く弾性靴下によるフットケアと運動療法を行っていた。最近、痛みと跛行が出てきたので、薬物療法も実施することとなった。患者は、爪白癬治療のためイトラコナゾールを服用中である。


問258 (実務)
この患者の治療薬として適切でないのはどれか。1つ選べ

1 アルプロスタジル
2 ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩
3 サルポグレラート塩酸塩
4 チクロピジン塩酸塩
5 イコサペント酸エチル

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
慢性閉塞性動脈硬化症の患者には、血小板凝集抑制薬や血管拡張薬が用いられる。なお、慢性閉塞性動脈硬化症には、抗凝固薬であるダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩は用いられない。
1 適切である
アルプロスタジルは、血管平滑筋に存在するプロスタノイドEP受容体(Gsタンパク質共役型受容体)を刺激し、アデニル酸シクラーゼを活性化することにより、血管平滑筋及び血小板におけるサイクリックAMP(cAMP)産生を促進することで血管拡張作用や血小板凝集抑制作用を示す。
2 適切でない
ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩は、体内でダビガトランとなり直接かつ選択的にトロンビンを阻害することにより抗凝血作用を示す。
3 適切である
サルポグレラート塩酸塩は、セロトニン5−HT2受容体(Gqタンパク質共役型受容体)を遮断し、血管拡張作用や血小板凝集抑制作用を示す。
4 適切である
チクロピジン塩酸塩は、ADP受容体(Giタンパク質共役型受容体)遮断し、アデニル酸シクラーゼの抑制を解除することにより、サイクリックAMP(cAMP)産生を促進することで血小板凝集抑制作用を示す。

5 適切である
イコサペント酸エチルは、トロンボキサンA2(TXA2)合成を阻害し、血小板凝集を抑制する。


問259 (薬理)
前問の選択肢1〜5に挙げた薬物の作用機序に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 セロトニン5−HT1受容体を遮断する。
2 アンチトロンビン非依存的に血液凝固第Xa因子を抑制する。
3 トロンボキサンA2の産生を抑制する。
4 血小板におけるサイックリックAMP(cAMP)の分解を抑制する。
5 血小板におけるcAMPの産生を促進する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、5


解説
問258解説参照

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.