第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問254〜255

42歳女性。食後、みぞおちに差し込むような痛みが続いたため内科を受診し、胆石症による痛みと診断された。

問254 (実務)
この患者の治療薬として適切なのはどれか。2つ選べ

  1. ウルソデオキシコール酸
  2. カモスタットメシル酸塩
  3. ランソプラゾール
  4. フロプロピオン
  5. シメチジン

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、4

解説
1 正
ウルソデオキシコール酸は、胆汁の生成及び分泌を促進し、胆石表面のコレステロールをミセル化することで胆石を溶解する。このことから本剤は、胆石症の治療に用いられる。

2 誤
カモスタットメシル酸塩は、トリプシンなどのタンパク分解酵素を阻害する。このことから本剤は、慢性膵炎における急性症状の寛解に用いられる。

3 誤
ランソプラゾールは、H,KATPaseを阻害し、胃酸分泌を抑制する。このことから本剤は、消化性潰瘍や十二指腸潰瘍の治療に用いられる。

4 正
フロプロピオンは、カテコール−O−メチルトランスフェラーゼ(COMT)を阻害することでOddi括約筋を弛緩させ、胆汁の分泌を促進する。このことから本剤は、胆石症の治療に用いられる。

5 誤
シメチジンは、ヒスタミンH2受容体を遮断し、胃酸分泌を抑制する。このことから本剤は、消化性潰瘍や十二指腸潰瘍の治療に用いられる。

問255 (薬理)
前問で適切と考えられた薬物の作用機序に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 胆石表面のコレステロールをミセル化することで胆石を溶解する。
  2. 胆嚢からの胆汁排泄を抑制する。
  3. カテコール−O−メチルトランスフェラーゼ(COMT)を阻害することでOddi括約筋を弛緩させる。
  4. タンパク質分解酵素を阻害する。
  5. H,KATPaseを阻害する。

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、3

解説
問254解説参照

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.