第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問194

第103回薬剤師国家試験 問194

薬物代謝酵素の遺伝子多型に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 CYP2C19のpoor metabolizer(PM)では、オメプラゾール併用のピロリ菌除菌療法の効果が減弱する。
2 CYP2D6のextensive metabolizer(EM)では、コデインの鎮痛効果が減弱する。
3 CYP2C9のPMでは、フェニトインによる中枢毒性発現のリスクが増大する。
4 N−アセチル転移酵素2(NAT2)のslow acetylator(SA)では、イソニアジドによる副作用のリスクが増大する。
5 CYP2C19のPMの頻度は欧米人では5〜10%であるが、日本人では約1%である。

 

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、4


解説
1 誤
オメプラゾールは主にCYP2C19により代謝されるため、CYP2C19のpoor metabolizer(PM:代謝が遅い群)では、オメプラゾール併用のピロリ菌除菌療法の効果が増強する。
2 誤
コデインはCYP2D6によりモルヒネに変化されて鎮痛効果を示す。CYP2D6のextensive metabolizer(EM:代謝活性に変異をもたない群)では、コデインはモルヒネに変換され鎮痛効果示すことから、鎮痛効果の減弱は認められない。
3 正
フェニトインは主にCYP2C9により代謝されるため、CYP2C9のPMでは、フェニトインによる中枢毒性発現のリスクが増大する。
4 正
イソニアジドは主にN−アセチル転移酵素2(NAT2)により代謝されるため、N−アセチル転移酵素2(NAT2)のslow acetylator(SA)では、イソニアジドによる副作用のリスクが増大する。
5 誤

CYP2C19のPMの頻度は日本人では約20%であり、白人では約3%である。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.