第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問157

第103回薬剤師国家試験 問157

呼吸器系に作用する薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. アンブロキソールは、ブロムヘキシンの活性代謝物であり、肺サーファクタントの分泌を抑制する。
  2. カルボシステインは、気道粘液のムコタンパク質のジスルフィド結合を開裂させることで去痰作用を示す。
  3. フルマゼニルは、肺伸展受容器を選択的に抑制することで鎮咳効果を示す。
  4. ノスカピンは、延髄の咳中枢を抑制することで鎮咳作用を示すが、呼吸抑制作用はない。
  5. テオフィリンは、ホスホジエステラーゼ阻害作用とアデノシンA1受容体遮断作用により、気管支平滑筋を弛緩させる。

 

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4、5

解説
1 誤
アンブロキソールは、ブロムヘキシンの活性代謝物であり、肺サーファクタントの分泌を促進する。
2 誤
カルボシステインは、気道粘液に含まれるムチンの構成成分であるシアル酸とフコースの比率を正常化することにより痰の粘性を低下させ、去痰作用を示す。なお、気道粘液のムコタンパク質のジスルフィド結合を開裂させることで去痰作用を示す薬物として、アセチルシステインなどがある。
3 誤
フルマゼニルは、ベンゾジアゼピン受容体に結合することによりベンゾジアゼピン系薬の作用を減弱させ、ベンゾジアゼピン系薬による呼吸抑制を改善する。
4 正
5 正

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.