第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問153

第103回薬剤師国家試験 問153

糖尿病治療薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 ダパグリフロジンは、尿細管のNaグルコース共輸送体2(SGLT2)を阻害することで尿中へのグルコースの排泄を促進する。
2 ブホルミンは、AMP依存性キナーゼ(AMPK)を抑制することで肝臓における糖新生を抑制する。
3 ミグリトールは、小腸粘膜に存在するα−グルコシダーゼを阻害することで糖の消化と吸収を遅延させ、食後高血糖を抑制する。
4 ナテグリニドは、アルドース還元酵素を阻害することで細胞内ソルビトールの蓄積を抑制し、末梢神経障害を改善する。
5 リナグリプチンは、膵β細胞上のグルカゴン様ペプチド−1(GLP−1)受容体を直接刺激することでインスリン分泌を促進する。

 

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、3

解説
1 正
2 誤
ブホルミンは、AMPキナーゼを活性化することで肝臓における糖新生を抑制することに加え、筋肉における糖利用を促進する。
3 正
4 誤
ナテグリニドは、膵臓β細胞のSU受容体に作用し、ATP感受性Kチャネルを遮断することによりインスリン分泌を促進する。なお、アルドース還元酵素を阻害することで細胞内ソルビトールの蓄積を抑制し、末梢神経障害を改善する薬物として、エパルレスタットがある。
5 誤

リナグリプチンは、ジペプチジルペプチダーゼ−4(DPP−4)を阻害し、インクレチンの分解を阻害することによりインスリン分泌を促進する。なお、膵β細胞上のグルカゴン様ペプチド−1(GLP−1)受容体を直接刺激することでインスリン分泌を促進する薬物として、GLP−1製剤(エキセナチド、デュラグルチドなど)がある。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.