第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問114

第103回薬剤師国家試験 問114

ヒトにおけるプリンヌクレオチドの分解過程に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 アデノシンをイノシンに変換する酵素の遺伝的欠損により、免疫不全が生じる。
2 イノシンをヒポキサンチンに変換する過程で、ATPが消費される。
3 グアノシン一リン酸(GMP)は、ヒポキサンチンを経てキサンチンに代謝される。
4 キサンチンが尿酸に変換される過程で、過酸化水素が生成される。
5 尿酸は、二酸化炭素とアンモニアに代謝されて排泄される。

 

 

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、4


解説
1 正
アデノシンをイノシンに変換する酵素は、アデノシンデアミナーゼ(ADA)である。ADAが欠損するとADA酵素の基質やリン酸化した基質が蓄積し、それらの中で特にデオキシアデノシンがリン酸化されたdAXPが細胞毒性に働いてさまざまな障害を引き起こす。蓄積する代謝産物が主に免疫細胞、特に未熟なT細胞に対して細胞毒として働き、進行性に免疫不全状態を招くと考えられている。
2 誤
イノシンをヒポキサンチンに変換する過程で、無機リン酸が消費される。
3 誤
グアノシン一リン酸(GMP)は、ヒポキサンチンを経ずにキサンチンに代謝される。なお、アデノシン一リン酸(AMP)は、ヒポキサンチンを経てキサンチンに代謝される。
4 正

キサンチンが尿酸に変換される過程には、キサンチンオキシダーゼが関与しており、その際に過酸化水素が生成される。
5 誤
尿酸は、プリンヌクレオチドの最終代謝産物であり、それ以上分解されず、そのまま尿中に排泄される。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.