第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問79

第102回薬剤師国家試験 問79

リスボン宣言に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

 人を対象とする医学系研究の倫理的原則である。
 日本では法的拘束力がある。
 患者が他の医師の意見と求める権利が示されている。
 研究倫理委員会の役割が示されている。
 医療従事者の権利が示されている。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
リスボン宣言には、医療における患者の権利が示されている。以下にリスボン宣言の概要を示す。
・良質な医療を受ける権利
・選択の自由の権利
・自己決定権
・意識のない患者
・法的無能力の患者
・患者の意思に反する処置
・情報に対する権利
・守秘義務に対する権利
・健康教育を受ける権利
・尊厳に対する権利
・宗教的支援に対する権利
1 誤
人を対象とする医学系研究の倫理的原則を規定しているのは、ヘルシンキ宣言である。
2 誤
リスボン宣言は倫理規定であり、法的拘束力を有しない。
3 正
リスボン宣言には、患者が他の意思を求める権利(選択の自由の権利)が示されている。
4 誤
研究倫理委員会の役割については、ヘルシンキ宣言に規定されている。
5 誤
リスボン宣言には、医療従事者の権利は示されていない。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.