第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問62

第102回薬剤師国家試験 問62

アトピー性皮膚炎に関する記述のうち、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 皮膚のバリア機能が亢進している。
 対症療法が治療の中心となる。
 湿疹は左右非対称にみられる。
 おもにⅡ型アレルギーが関与している。
 抗ヒスタミン薬が第1選択薬である。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
1 誤
本疾患では、皮膚のバリア機能が低下している。
2 正
本疾患は、多病因性の疾患であり、原因療法を行うことは難しい。よって、本疾患の治療の中心は対症療法となる。
3 誤
本疾患による湿疹は、左右対称に認められる。
4 誤
本疾患の発症には、主にⅠ型アレルギーが関与している。
5 誤
本疾患の第1選択薬として、副腎皮質ステロイド薬の外用剤が用いられる。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.