第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問335

第102回薬剤師国家試験 問335

2歳男児。体重13 kg。以下の薬剤が処方され、カプセル剤を開封して調剤するよう処方医より指示があった。

(処方)
ダントロレンナトリウム水和物カプセル25 mg 1回0.2カプセル(1日0.4カプセル)
1日2回 朝夕食後 14日分

1包あたり全量0.3 gになるように賦形剤を加えて調剤する場合、この処方を全量調剤するために加える賦形剤の総量(g)として正しいのはどれか。1つ選べ。なお、ダントロレンナトリウム水和物カプセル1カプセルあたりの内容量は0.25 gである。

 1.4
 2.8
 4.2
 5.6
 7.0

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
5


解説
<ダントロレンナトリウム水和物の開封後の総量(g)を求める>
本処方では、ダントロレンナトリウム水和物カプセルが1日当たり0.4カプセルで処方されていることから、投与総カプセル数は0.4 カプセル/日×14日=5.6 カプセルとなる。また、ダントロレンナトリウム水和物カプセルは1カプセルあたりの内容量が0.25 gであるあることから、ダントロレンナトリウム水和物カプセル開封後の総量(g)は5.6 カプセル×0.25 g/カプセル=1.4 gとなる。
<賦形した後の総量を求める>
一包あたりの全量0.3 gとなるように調剤すると、賦形した後の総量(g)は0.3 g/包×14日×2包/日=8.4 gとなる。これらのことから、全量調剤するために加える賦形剤の総量(g)を以下のように求めることができる。
賦形した後の総量(g)-ダントロレンナトリウム水和物の開封後の総量(g)=8.4-1.4=7.0 g

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.