第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問290〜291

第102回薬剤師国家試験 問290〜291

62歳男性。1ヶ月ほど前から息切れ、呼吸困難などの心不全症状が出現し、アルコール性心筋症との診断を受け、以下の処方により加療中である。薬剤師が現在の症状を確認すると、「最近は呼吸が苦しくなることが多く、家の中で座っていれば問題ないが、少し散歩するだけでも息切れがする」との訴えがあった。

既往歴:高血圧
飲酒歴
心不全症状が出現するまで20年間の大量の飲酒歴があり、禁酒を指導されたが、現在も機会飲酒。
検査値データ
左室駆出率23%、下肢浮腫(+)
Na 140 mEq/L、K 3.6 mEq/L、Cl 105 mEq/L、SCr1.0 mg/dL、
血圧123 /72 mmHg、心拍数62 bpm(洞調律)


問290 (病態・薬物治療)
この患者の病態に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 適切な治療を施しても生存率が低く予後不良である。
 NYHA機能分類Ⅲ度(中等度〜重度)の心不全症状を呈している。
 肥大型心筋症の病態を呈している。
 カリウムの摂取制限が推奨される。
 治療の基本に断酒がある。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、5

動画解説

解説
1 誤
アルコール性心筋症は、適切な治療を施せば生存率が高く、比較的予後は良好である。
2 正
NYHA(New York Heart Association)機能分類は、自覚症状による心不全の重症度の分類である。問題文に「最近は呼吸が苦しくなることが多く、家の中で座っていれば問題ないが、少し散歩するだけでも息切れがする」と訴えがあったと記載されていることから、本患者は、NYHA機能分類Ⅲ度(中等度〜重度)の心不全症状を呈していると考えられる。
3 誤
アルコール性心筋症では、拡張型心筋症の病態を呈する。
4 誤
カリウム値は基準値(3.5〜4.9 mEq/L)内にあるため、カリウムの摂取制限を行う必要はない。
5 正
アルコール性心筋症の治療の基本は、断酒である。断酒を行うことにより心不全症状が改善傾向を示すとされている。

【参考:NYHA機能分類の概要】
Ⅰ度
心疾患はあるが身体活動に制限がない。
日常的な身体活動では著しい疲労、動悸、呼吸困難あるいは狭心痛を生じない。

Ⅱ度
軽度の身体活動に制限がある。安静時には無症状。
日常的な身体活動で疲労、動悸、呼吸困難あるいは狭心痛を生じる。
Ⅲ度
高度な身体活動の制限がある。安静時には無症状。
日常的な身体活動以下の労作で疲労、動悸、呼吸困難あるいは狭心痛を生じる。

Ⅳ度
心疾患のためいかなる身体活動も制限される。
心不全症状や狭心痛が安静時にも存在する。わずかな労作でこれらの症状が悪化する。


問291 (実務)
薬剤師は、現在の病態から、患者の薬物療法に関するアセスメントを行い、今後のプランを考えた。追加を推奨する薬剤として最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 アロプリノール
 エポエチンアルファ
 アテノロール
 カンデサルタンシレキセチル
 ジゴキシン

 

 

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
5

解説
本患者は、NYHA機能分類Ⅲ度(中等度〜重度)の心不全症状を呈していることから、現在使用している薬に加え、ジゴキシンを追加投与することが推奨される。
(注:ARBについては、ACE阻害薬で忍容性のない患者に使用されるため、ACEとARBは併用されることはない。)

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.