第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問28

第102回薬剤師国家試験 問28

シルデナフィルと硝酸薬の併用により増加し、血圧下降の主因となる物質はどれか。1つ選べ。

 サイクリックAMP
 サイクリックGMP
 一酸化窒素(NO)
 イノシトール三リン酸(IP3
 ジアシルグリセロール

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
シルデナフィルは、血管平滑筋においてホスホジエステラーゼ(PDE)Vを選択的に阻害することによりサイクリックGMP(cGMP)を増加させる。また、硝酸薬は一酸化窒素(NO)を放出し、グアニル酸シクラーゼを活性化することによりcGMPを増加させる。
両剤を併用すると細胞内cGMPが増加し、血管平滑筋が弛緩することにより血圧降下を起こすことがある。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.