第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問272〜273

第102回薬剤師国家試験 問272〜273

30歳女性。排尿痛、頻尿の症状があり、近医を受診した。急性単純性膀胱炎と診断され、以下の処方箋を薬局に持参した。薬歴を確認すると、同一の医師より消化性潰瘍治療のためスクラルファート細粒90%の処方があり、毎食後に服用中であった。


問272 (実務)
医師への疑義照会時に提案する内容として適切なのはどれか。2つ選べ。

 シプロフロキサシンをノルフロキサシンに変更する。
 シプロフロキサシンをセフジニルに変更する。
 シプロフロキサシンを服用後、2時間以上あけてスクラルファートを服用するように用法を変更する。
 シプロフロキサシンを増量する。
 スクラルファートをアルギン酸ナトリウムに変更する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、5


解説
シプロフロキサシンはニューキノロン系抗菌薬であり、2価以上の金属カチオン(Ca2、Mg2、Al3など)と同時に経口投与すると、難溶解性のキレートを形成することにより吸収性が低下することがある。そのため、アルミニウム含有製剤であるスクラルファートとシプロフロキサシンを併用すると、シプロフロキサシンの吸収性が低下することがある。
1 誤
ノルフロキサシンもシプロフロキサシンと同様に2価以上の金属カチオンと同時に経口投与すると、難溶解性のキレートを形成することにより吸収性が低下するため、本設問のように疑義照会時に提案することは不適切である。
2 誤
セフジニルもシプロフロキサシンと同様に2価以上の金属カチオンと同時に経口投与すると、難溶解性のキレートを形成することにより吸収性が低下するため、本設問のように疑義照会時に提案することは不適切である。
3 正
シプロフロキサシンと2価以上の金属カチオンがキレートを形成しないようにするために両剤の投与間隔を2時間以上あけることとされている。そのため、本設問のように疑義照会時に提案することは適切である。
4 誤
シプロフロキサシンを増量しても、スクラルファートとの相互作用を回避することはできないため、本設問のように疑義照会時に提案することは不適切である。
5 正
アルギン酸ナトリウムには、2価以上の金属カチオンが含有されていないため、シプロフロキサシンと相互作用を起こすことはない。そのため、本設問のように疑義照会時に提案することは適切である。


問273 (薬剤)
前問での提案の理由となるシプロフロキサシンとスルラルファートの相互作用の機序として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 胃内pHの変化に伴う溶解性の低下
 消化管内における難溶性キレートの形成
 消化管吸収に関わるトランスポーターの阻害
 血漿タンパク結合の阻害
 腎尿細管における再吸収の阻害

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
問272 解説参照

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.