第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問262〜263

第102回薬剤師国家試験 問262〜263

50歳女性。発熱、咽頭痛を主訴として受診し、入院することとなった。入院時に薬剤師が持参薬を確認したところ、下記の薬剤を服用していることが分かった。服薬コンプライアンスは良好であった。

入院時検査値
体温38.7℃、血圧108/72 mmHg、赤血球数180×104/µL、白血球数2,200/µL、血小板3×104/µL、
血清クレアチニン値0.7 mg/dL、BUN 18 mg/dL、AST 25 IU/L、ALT 30 IU/L、空腹時血糖値96 mg/dL、
Na 140 mEq/L、K 4.2 mEq/L、Mg 2 mEq/L、胸部X線検査では肺に異常所見なし。


問262 (実務)
薬剤師は、この女性の検査結果より、服用中の薬剤の副作用を疑った。原因となった可能性の高い持参薬はどれか。1つ選べ。

 リセドロン酸Na錠17.5 mg
 プレドニゾロン錠5 mg
 メトトレキサートカプセル2 mg
 酪酸菌錠(宮入菌として)20 mg
 スクラルファート細粒90%

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
本患者は、発熱、咽頭痛を主訴として受診しており、また、入院時の検査値より赤血球数(基準値:380〜500×104/µL)、白血球数(基準値3500〜9000/µL)、血小板(基準値:15〜40×104/µL)が低下していることから、骨髄抑制に伴う汎血球減少症を起こしていると考えられる。本患者が服用している薬物のうち、副作用として骨髄抑制を起こす可能性があるのは、選択肢3のメトトレキサートカプセル2 mgである。


問263 (薬理)
前問の「原因となった可能性の高い持参薬」の標的分子として正しいのはどれか。1つ選べ。

 グルココルチコイド受容体
 シクロオキシゲナーゼ
 カルシニューリン
 ジヒドロ葉酸還元酵素
 ファルネシルピロリン酸合成酵素

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説
メトトレキサートは、ジヒドロ葉酸還元酵素を競合的に阻害し、活性型葉酸であるテトラヒドロ葉酸(THF)の産生を抑制することにより、チミジル酸合成及びプリン合成を阻害することにより細胞増殖を抑制する。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.