第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問252〜253

第102回薬剤師国家試験 問252〜253

20歳女性。統合失調症と診断され、3ヶ月間、薬物治療が継続されていた。副作用は特にみられなかったが症状が改善されないため、主治医はクロルプロマジン塩酸塩錠を1日300 mg〜450 mgへ増量した。


問252 (実務)
この患者において注意すべき副作用の早期発見のために、薬剤師が患者や家族にあらかじめ説明する症状として、適切でないのはどれか。1つ選べ。

 強い眠気
 起床時の立ちくらみ
 手の震えや足のこわばり
 歯ぐきの腫れ
 視野の狭窄や物の見えにくさ

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説
クロルプロマジンは、フェノチアジン系の統合失調症治療薬であり、ドパミンD2受容体遮断作用、ヒスタミンH1受容体遮断作用、ムスカリン性アセチルコリン受容体遮断作用、アドレナリンα1受容体遮断作用などを示す。
1 適切
本剤はヒスタミンH1受容体を遮断することにより、副作用として強い眠気を起こすことがある。
2 適切
本剤はアドレナリンα1受容体を遮断することにより、副作用として起立性低血圧(症状:起立時の立ちくらみ)を起こすことがある。
3 適切
本剤はドパミンD2受容体を遮断することにより、副作用として錐体外路障害(症状:手の震えや足のこわばりなど)を起こすことがある。
4 不適切
本剤により副作用として歯ぐきの腫れを起こすとの報告はない。
5 適切
本剤はアセチルコリンM3受容体を遮断することにより、副作用として眼圧上昇、視野障害(症状:視野狭窄、物の見えにくさ)を起こすことがある。


問253 (薬理)
この処方が引き起こす可能性がある副作用について、その発生機序はどれか。2つ選べ。

 アンギオテンシンⅡAT1受容体遮断により歯肉肥厚が起こる。
 アセチルコリンM3受容体遮断により眼圧亢進が起こる。
 ヒスタミンH1受容体遮断により眠気が起こる。
 アドレナリンα1受容体遮断により錐体外路症状が起こる。
 ドパミンD2受容体遮断により起立性低血圧が起こる。

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、3


解説
問252 解説参照

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.