第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問22

第102回薬剤師国家試験 問22

生体内で起こる次の代謝反応のうち、シトクロムP450の寄与が小さいのはどれか。1つ選べ。

 フェナセチンのO−脱アルキル化
 N−アセチルアミノフルオレインのN−水酸化
 パラチオンの酸化的脱硫化
 四塩化炭素の還元的脱ハロゲン化
 エタノールの酸化

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
5


解説
設問の反応のうち、シトクロムP450の寄与が小さいのは、エタノールの酸化である。エタノールの大部分(8〜9割)は、生体内でアルコールデヒドロゲナーゼ(アルコール脱水素酵素:ADH)によりアルデヒド酸化された後、アルデヒドデヒドロゲナーゼ(アルデヒド脱水素酵素:ALDH)により酢酸となる。
なお、エタノールの一部は、CYP2E1によりアルデヒドに代謝される。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.