第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問218〜219

第102回薬剤師国家試験 問218〜219

75歳女性。脳梗塞で寝たきりとなり、仙骨部に褥瘡を形成したことから、褥瘡対策チームが対応した。なお、本患者には、心機能、肝機能、腎機能及び甲状腺機能の低下や各臓器からの出血はいずれも認められていなかった。


問218 (物理・化学・生物)
下図は褥瘡の治癒過程(①〜④)の模式図である。下記の治癒過程に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 ②及び③の創傷部周囲から肉芽部へ線維芽細胞が移動し、増殖する。
 ③における肉芽の増生には、コラーゲンの生合成促進が関わる。
 治癒の過程においては、毛細血管の新生が表皮で起こる。
 主に真皮に存在する細胞が増殖し、④において上皮を再生する。
 ケラチンを合成する細胞は、主に皮下組織に存在する。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、2


解説
褥瘡の治癒の過程(①〜④)の概要を以下に示す。
①黒色期:黒色壊死組織により創傷部が覆われている
②黄色期:黒色壊死組織が取り除かれ、黄色の壊死組織や創傷部が現れる
③赤色期:黄色壊死組織が取り除かれ、線維芽細胞や血管に富む良質な肉芽が現れる
④白色期:上皮細胞が再生され、創傷部が塞がる
1 正
黄色期(②)及び赤色期(③)では、創傷部周囲から肉芽部へ線維芽細胞(組織に炎症や損傷があった場合に欠損部位を修復する細胞)が移動し、増殖する。
2 正
赤色期(③)では、創傷部に存在する線維芽細胞がコラーゲンを生成・分泌することにより肉芽の増生が起こる。
3 誤
治癒の過程においては、毛細血管の新生が肉芽や皮下組織、真皮で起こる。なお、表皮には血管が存在しておらず、表皮内で血管新生されることはない。
4 誤
白色期(④)では、表皮に存在する細胞が増殖し、上皮を再生する。
5 誤
ケラチンを合成する細胞(ケラチノサイト)は、主に表皮に存在する。


問219 (実務)
褥瘡患部は、乾燥した厚い黒色壊死組織を形成し(黒色期)、滲出液はほとんどなかった。褥瘡対策チームにおいて薬剤師が処方薬を提案し、下記の経緯で治癒に至った。A〜Cに入る薬剤として最も適切な組合せはどれか。1つ選べ。
[ A ] が処方され、数日間塗布した後、医師により壊死組織が切除された。その後、黄色壊死組織(黄色期)はわずかになり滲出液を伴う赤色肉芽が見られたため(赤色期)、滲出液の吸収・肉芽形成を目的として、[  B ] へ処方変更となった。[  B ] は、ガーゼに薄くのばして、貼付した。数日後、肉芽が盛り上がり滲出液は減少してきた。浸潤を保持しながら創傷部周囲から上皮化(白色期)を促進させる目的で [ C  ]を塗布し、治癒へと至った。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
Aには、黒色壊死組織を切除する前に二次感染予防として用いられる外用剤である「スルファジアジン銀クリーム」が当てはまる。なお、スルファジアジン銀クリームは乳剤性基剤であり創に水分を与えるため、滲出液の多い創には用いられない。
Bには、滲出液の吸収作用と肉芽形成作用を有する「精製白糖・ポビドンヨード配合軟膏」が当てはまる。精製白糖・ポビドンヨード配合軟膏は、ポビドンヨードによる抗菌作用と精製白糖及び基剤として用いられているマクロゴール軟膏による吸水作用を有する。
Cには、創傷部周囲から上皮化(白色期)を促進させる「アルプロスタジル アルファデクス軟膏」が当てはまる。アルプロスタジル アルファデクス軟膏は、局所循環改善作用、肉芽・上皮形成作用を有する。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.