第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問19

第102回薬剤師国家試験 問19

母子感染する病原体のうち、新生児の心臓奇形と難聴のリスクを高めるのはどれか。1つ選べ。

 ヒトT細胞白血病ウイルス−1型(HTLV−1)
 サイトメガロウイルス
 風しんウイルス
 トキソプラズマ原虫
 梅毒トレポネーマ

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
母子感染する病原体のうち、新生児の心臓奇形と難聴のリスクを高めるのは、風疹ウイルスである。
1 誤
ヒトT細胞白血病ウイルス−1型(HTLV−1)は、母乳感染することがある。HTLV−1に感染すると潜伏期間20年〜30年を経て、成人T細胞白血病(ATL)を発症することがある。
2 誤
サイトメガロウイルスは、母乳感染、経胎盤感染、産道感染することがある。サイトメガロウイルスに感染すると新生児に奇形、聴力障害、肝機能異常などを誘発することがある。
3 正
4 誤
トキソプラズマ原虫は、経胎盤感染することがある。トキソプラズマ原虫に感染すると新生児に水頭症、視力障害を誘発することがある。
5 誤
梅毒トレポネーマは、経胎盤感染することがある。梅毒トレポネーマに感染すると、早期先天性梅毒や後期先天性梅毒を発症することがある。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.