第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問169

第102回薬剤師国家試験 問169

薬物相互作用に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 シクロスポリンの併用により、プラバスタチンの肝臓への移行が阻害され、その血中濃度は上昇する。
 ノルフロキサシンの併用により、フルルビプロフェンの肝臓での代謝が阻害され、その薬理作用は増強される。
 アスコルビン酸の併用により、サリチル酸の尿細管からの再吸収が阻害され、その腎クリアランスは大きくなる。
 セントジョーンズワートの長期摂取により、ワルファリンの消失半減期が延長し、出血傾向が引き起こされる。
 エリスロマイシンは、CYP3A4を不活性化し、フェロジピンの血中濃度を上昇させる。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、5


解説
1 正
プラバスタチンは、有機アニオン輸送系を介して肝臓に取り込まれ消失する。シクロスポリンは、有機アニオン輸送系阻害作用を有しており、プラバスタチンと併用すると、プラバスタチンの肝臓への移行を抑制し、血中濃度を上昇させる。
2 誤
ノルフロキサシンとフルルビプロフェンを併用すると、GABA抑制作用が増強され、中枢性のけいれんを起こすことがある。
3 誤
アスコルビン酸により尿のpHが低下するため、アスコルビン酸とサリチル酸を併用すると酸性薬物であるサリチル酸の再吸収が促進されるため、腎クリアランスは低下する。
4 誤
セントジョーンズワートは、酵素誘導作用を有するため、セントジョーンズワートとワルファリンを併用すると、肝消失型薬物であるワルファリンの消失半減期が短縮される。
5 正
エリスロマイシンは、CYP3A4阻害作用を有しており、肝消失型薬物のフェロジピンの血中濃度を上昇させる。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.