第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問166

第102回薬剤師国家試験 問166

ある薬物のアルブミンへの結合定数は10(µmol/L)-1、結合部位数は2である。この薬物のアルブミン結合に関するScatchardプロットを実線で表し、結合が競合的に阻害された場合を点線で表すとき、正しい図はどれか。1つ選べ。ただし、図中のγはアルブミン1分子あたりに結合している薬物の分子数を、[Df](µmol/L)は非結合薬物濃度を示す。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
6


解説
Scatchardプロットにおいて、縦軸切片は結合部位数nと結合定数Kの積(nK)の値を示しており、横軸切片は結合部位数nの値を示している。
問題文に「ある薬物のアルブミンへの結合定数は10(µmol/L)-1、結合部位数は2である。」と記載されていることから、競合阻害が認められる前のグラフ(実線)の縦軸切片は20(µmol/L)-1、横軸切片は2となる。
また、競合阻害が認められた場合には、結合部位数nは変化しないが、結合定数Kが低下するため、競合阻害が認められた後のグラフ(点線)の縦軸切片は低下し、横軸切片は変化しない。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.