第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問164

第102回薬剤師国家試験 問164

抗ウイルス薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 バラシクロビルは、アシクロビルに変換された後、単純ヘルペスウイルス由来のチミジンキナーゼでリン酸化され、ウイルスDNAの複製を抑制する。
 リトナビルは、インフルエンザウイルスのNS3−4Aプロテアーゼを阻害し、感染細胞からのウイルスの遊離を抑制する。
 テラプレビルは、C型肝炎ウイルスのノイラミニダーゼを阻害し、ウイルスRNAの合成を阻害する。
 ザナミビルは、HIVのプロテアーゼ活性を阻害し、ウイルス構成タンパク質の産生を抑制する。
 ジドブジンは、感染細胞内でリン酸化され、HIV逆転写酵素を競合的に阻害する。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、5


解説
1 正
バラシクロビルはアシクロビルのプロドラッグであり、体内でアシクロビルに変換された後、単純ヘルペスウイルス由来のチミジンキナーゼでリン酸化され、アシクロビル一リン酸となる。アシクロビル一リン酸は、さらに細胞性キナーゼによりアシクロビル三リン酸となり、DNA依存性DNAポリメラーゼを阻害し、ウイルスDNAの複製を抑制する。
2 誤
リトナビルは、HIVのプロテアーゼ活性を阻害し、ウイルス構成タンパク質の産生を抑制する。
3 誤
テラプレビルは、C型肝炎ウイルスのNS3−4Aセリンプロテアーゼを阻害し、ウイルスRNAの合成を阻害する。
4 誤
ザナミビルは、インフルエンザウイルスのノイラミニダーゼを阻害し、感染細胞からのウイルスの遊離を抑制する。
5 正
ジドブジンは、感染細胞内でリン酸化され、ジドブジン三リン酸となり、HIV逆転写酵素を競合的に阻害する。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.